新型『NMAX155』の発売日が決定!125ccとのスペックの違いは?

301view

2022.04.27

目次

新型NMAX155が日本で発売決定


(出典:Yamaha Motor Co., Ltd.

YAMAHAの軽二輪スクーター『NMAX155』がモデルチェンジされて発売されることが発表されました。

新型のNMA125は2021年に日本で発売されていましたが、155はこれまで海外のみの販売で国内での販売は予定されていませんでした。

そして、2022年4月27日に新型NMAX155が国内で発売される事がついに発表されました。

発売日は2022年5月25日です。

移動を、もっと自由に。
Everywhere on The MAX

行きたい「どこか」に、制限はいらない。
行きたい時に、行きたい所へ、自由に行ける。
その喜びは、何にも代え難い大切なものだ。
ストリートを駆ける。ハイウェイをクルーズする。郊外を楽しむ。
NMAX155が、すべての道をシームレスにつなげる。
スタイリッシュなフォルムと、力強い走り。
MAXの名にふさわしいコミューティングが、ここにある
(※メーカーHPより)

設定カラー

新型NMAX155に設定されるカラーですが、

  • マットブルーイッシュグレーメタリック3 (マットグレー)
  • マットダークブルーイッシュグレーメタリック4 (マットダークグリーン)
  • マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー)

以上の3色となっています。

5月25日に発売されるのは「マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)」のみで、「マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)」と「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)は2ヵ月遅れの「7月25日」の発売となっています。

価格

本体価格は370,000円で、消費税10%を含めると407,000円になります。

カラーによって価格の違いはなく、3カラー同額です。

NMA125との違い

先に登場した125との違いですが、排気量の拡大以外に大きな違いは無いようです。

「全長/全高/全幅」のほか、「シート高」に「車両重量」も全く同じスペックです。

最高出力は125の「9.0kW(12PS)」から155は「11kW(15PS)」にアップ。

最大トルクも125の「11N・m(1.1kgf・m)」から155は「14N・m(1.4kgf・m)」にアップしています。

排気量が変わるので、燃費に若干の違いがあるものの、その他の「仕様・機能」は大体同じです。

カラーの設定が、125は4色あるのに対して、155は3色に減っています。

価格は125の本体価格が335,500円、消費税10%含めると368,000円なので、155の方が約4万円ほど高くなりました。

決定的な違いは、125ccは小型二輪扱いですが、155ccは普通二輪となります。

そのため、高速道路や有料道路の走行が可能になる為、走りの幅が大きく広がりました。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る