新型NMAX125にミラー用「クランプバー(マルチバー)」を取り付け!

1371view

2021.11.03

目次

汎用クランプバー、ミラー取り付けタイプ

新型NMAX125用に汎用のクランプバー(マルチバー)を購入しました。

クランプバーは、スマホホルダーやドライブレコーダー、その他製品をハンドル周りに取り付けるために必要なアイテムです。

バイクには必需品と言ってもいい物です。

Amazonなどで検索すると、とにかく沢山ヒットするので、どれを買えばいいのか迷ってしまうと思います。

価格は700円~2,000円ぐらいが相場です。

それぞれ主な違いは、無地のものもあれば、ロゴが入っていたり、塗装が光沢ありやマットであったりします。

レビュー評価なども参考にして、良さそうだと感じたものを買いましょう。

また、バーの長さによって価格が違います。(当然、長い方が高くなります)

価格変動が激しい

この手の商品は、何故か価格変動が非常に激しいです。(±500円ぐらい)

例えば、1,000円の商品を検討していたら、次に見たときには1,500円になっていたりするので、購入するタイミングが難しいです。(Amazonだけかも)

今回購入したものも、1,500円で購入したのですが、その後2,000円程に上がっていました。

クランプバーの組み立て

まずは届いたクランプバーを開封して組み立てます。

組み立てると言っても、バーにステーをボルトで止めるだけなので難しいことはありません。

ミラーを外してクランプバーを取り付ける

では実際に取り付けていきましょう。

これはNMAXの「右ミラー」に取り付ける例になります。

(本当は左側がよかったのですが、左にはグリップヒーターのスイッチが付いているため右側にしました)

まず、ミラーを『反時計回り』に回して取り外します。

上の写真は取り外した後です。

これは見事な失敗例です。(笑)

一番下にステーを入れるようにするので、ミラーの下にあるやつ(名称がわかりません)も外します。

ここがポイントの一つなのですが、ミラーとは逆で『時計回り』に回すと外れます。

頑張って反時計回りに回していても一生取れませんので注意して下さい。

この様な感じですね。

これで装着完了となりあます。

ミラーを取り付けて、元の状態に戻していきます。

完成しました。

あとはスマホホルダーや時計、電装品など好きなの物を付けて下さい。

実際に新型NMAX125に付けてみてですが、邪魔ではないのですが見た目があまり宜しくないなと思いました。(あくまでも個人的な感想です)

あと、新型NMAXでの注意点が一つあります。

スクリーンをノーマルから『ハイスクリーン』にかえている場合だと、ミラーを回して外す時にスクリーンと干渉してしまい外すことが出来ませんでした。

なので、ハイスクリーンを先に外しておく必要があります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る