大容量のバイク用「ドリンクホルダー」を装着!取り外しが簡単な故にデメリットも

525view

2022.01.09

目次

Moxttle ドリンクホルダー

Amazonで「Moxttle」というメーカーのドリンクホルダーを購入しました。

バイク、自転車、ベビーカーなどで使用できて、価格は2,000円ほどでした。

カラーは「ブラックとグレー」の2色で、大容量で軽量が売りのようです。

Amazonレビューもなかなか良さげで、Amazon新着ランキングで1位を獲得した商品です。

組み立て不要&大容量

面倒な組み立ては必要なく、写真のように最初から完成した状態で届きます。(取り出したら付けるだけでOK)

また、この商品は「アルミフレーム+ポーチ型」のため、アルミフレームの”安定感”とポーチ型の”柔軟性”の両方の良い点を兼ね備えたドリンクホルダーです。

大容量のポイントの1つとして、ドリンクだけではなく、前側にメッシュポケットが付いているので、鍵やメガネ等の小物を収納する事ができます。

スマホはどうですかね、小さいサイズなら入りそうですが、大画面モデルだと無理そうです。

雨対策も

少々見づらいかもしれませんが、底面に穴が空いているのがわかるでしょうか?

この穴はバイクなどを野ざらしにして雨が降ってきた場合でも、雨水が溜まらずに排水されて清潔に保てるという工夫がされています。

取り付けがとにかく簡単

実際にバイクのマウントステーに取り付けてみました。

クランプの強度は中々良さそうで、保護パッドも付属しています。

500mlのペットボトルでも丸ごと入るので、落下の心配は無さそうですね。

接続部です。

対応するバーのタイプは「縦・横・角・丸」と幅広く対応しており、角度調整も可能です。(※0.5cm~3cm)

問題点

あえて、問題点を上げるとしたら、2つあります。

1つは大容量ですから当然本体がデカいので、設置場所が限られるバイクだと困ります。(邪魔(笑))

2つめは、取り外しが”手で回すだけ”と簡単であるが故に、簡単に盗まれてしまうので盗難が心配です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る