JAZZ【ダストシール交換】フロントフォークの取り外し方

610view

2022.04.01

目次

JAZZのダストシールを交換

今回はHONDA・JAZZのフロントフォークの『ダストシール』を交換したいと思います。

AmazonでJAZZに合うものを探したところ1,000円ほどで手に入れることが出来ました。

オイルシール×2、ダストシール×2の合計4個での価格です。

フロントフォークのオイルシールとダストシールは「ゴム素材」なので、紫外線や熱など経年経過によって劣化していく消耗品です。

そのため、定期的に交換する必要があります。

大まかな交換時期は「5,000km~10,000km」走行程度での交換が目安とされています。

こちらが今回交換するダストシールです。

オイル漏れは起こしていませんが、ひび割れしています。

なお、オイルシールはダストシールの下に入っています。

オイルシールの交換は意外と大変なので、今回はダストシールのみの交換にします。

ダストシールの交換は自分でも簡単にできます。

フロントフォークの外し方

それではJAZZのダストシールを交換していきましょう。

ダストシールを交換するには、フロントフォークを車体から完全に取り外さなければなりません。

まず最初に、赤丸で印を付けたボルト2つを外しましょう。この部分はメガネレンチを使うと作業しやすいです。

次に、写真中央のボルトを、両側2つとも取り外しましょう。

「HONDA」のカバーを下から覗くとボルトが2つでとまっていますので、これも取り外します。

ここまで行えば、後はフォークを下に向かって左右に回していけば取り外せます。

ダストシール交換方法

次に古いダストシールの取り外しです。

素手で引っこ抜くのはまず無理なので、シール下部にマイナスドライバーを当てて、ハンマーで小突いて下さい。

そうすると徐々にシールが上がって来て取り外せます。

新品のダストシールを取り付けました。

取り付け方はハメ込むだけになります。

以上でダストシールの交換作業は終了です。

ひび割れていたシールが綺麗になって見た目も良くなりました☆

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る