NMAXをローダウン!車高調整可能なサスペンションに交換

125view

2022.10.22

シグナス用のリアサスペンションを流用

今回はヤマハの2代目「NMAX」のリアサスペンションを交換したいと思います。

NMAXは意外と足つきがよくないんですよね、、

125ccクラスに求めるものは『快適』さでしょうから、この足つきの悪さはあかんですよ!

そこで、色々調べたところ「シグナス」用の調整式サスペンションが付くようなので、買ってみました。

これでローダウンしたいと思います。

あと、何と言っても価格が安いです。

Amazonで5,980円(2本セット)で買えました。

届いたので、早速開けてみましょう!

ちゃんと2本入っています。

色はゴールドで、NMAXに合うかはどうか、、

リアサスペンション2本と、調整工具が2本。

2つのカラーはNMAXでは使わないと思われます。

サスペンションを取り外す

まず、純正のサスペンションを取り外します。

赤丸のボルト(サスペンション下部)を外すのですが、マフラーとの距離が近すぎてこのままでは工具が入りません。

なので、マフラーを少し右側にどかします。

少し隙間を作れば工具が入りそうなので、マフラーを完全に外さなくてもいけそうです。

赤丸で囲った4つのボルトを外しましょう(又は緩める)

これで、マフラーが右側に少し動くので、先ほどのボルトを外すことが出来ます。

次にサスペンション上部を固定しているボルトを外します。

これがまた狭い、、

タイヤを外してやればいいのかもしれませんが、面倒なので付いたまま気合で外しました。

何とか純正のサスペンションが外れました。

シグナス用のサスペンションと、NMAX純正のサスペンションを比べてみます。

長さが違うのが一目瞭然ですね。

約3cmほど車高が下がります。(※310mm➡280mm)

取り付けに関しては、外すときと逆の手順なので省略します。

色がゴールドなので、まぁ目立ちますよ。(弄ってる感じが出て良いですけど)

NMAXに付けても、それほど違和感はないので良かったです☆

肝心の足つきですが、気持ち良くなったかな?

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る