【マグナ50&ジャズ50】チェンジ(ミッション)ペダルの高さ調整方法

739view

2022.03.12

マグナ&ジャズ共通”チェンジペダル”の高さ調整方法

ここでは、HONDAの『マグナ50』と『ジャズ50』のチェンジ(ミッション)ペダルの調整方法を解説しています。

一般的なチェンジペダルの調整方法は、棒の両サイドに付いている「ロックナット」を緩めて棒を回せば高さを調整する事ができます。

しかし、マグナ50とジャズ50はチェンジペダルの構造自体が違うので、この方法では高さ調整をする事は出来ません。

それでは、ここからマグナ50とジャズ50(共通)のチェンジペダルの調整方法を解説していきます。

こちらはエンジン側の画像です。まず、弄るのはここだけです。

フロントタイヤ側は何もしません。

最初に赤丸で印を付けたボルトを「10mm」のソケットレンチで外します。

次に黄色で線を引いた部分にマイナスドライバー等を挿して軽くこじ開けるように下さい。(固着している可能性大)

中央にある歯車式の棒?よりも広くなるように。

後はマイナスドライバーを使用して、てこの原理で手前に引きずり出します。

取れましたね。

後は好きな高さに調整して、再び戻せば調整完了です。

調整前と調整後の比較です。

調整前の左の写真に比べて、調整後(右)はペダルの位置が高い位置に変わっているのがわかると思います。

以上、HONDAの『MAGNA50』と『JAZZ50』のチェンジペダルの調整方法でした。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る