JAZZ50のヘルメットホルダーの場所と使い方|盗難防止に活用

632view

2023.11.03

目次

バイク乗りにとって、ヘルメットはただのアクセサリーではなく、命を守るための重要な装備です。

しかし、ヘルメットの盗難はバイク乗りにとっては一大事であり、その対策として「ヘルメットホルダー」の活用が非常に有効です。

この記事では「JAZZ50のヘルメットホルダーの場所と使い方」について、備え付けられたヘルメットホルダーの位置とその使い方を詳しく解説します。

ヘルメットを安全に保管し、盗難から守るための実用的な情報を提供します。

バイクから離れる際の不安を解消し、安心してヘルメットをバイクに固定する方法を学びましょう!

■内容のポイント

  1. JAZZ50に備え付けられたヘルメットホルダーの正確な位置
  2. ヘルメットホルダーの使い方と操作手順
  3. ヘルメットホルダーを使用することで得られる防犯効果
  4. ヘルメットホルダーがバイク乗りの精神的な安心感にも寄与する

JAZZ50に備え付けのヘルメットホルダー

  • ヘルメットホルダーの位置
  • ヘルメットホルダーの使い方

ヘルメットホルダーの位置

JAZZ50のヘルメットホルダーが付いている場所は、リアタイヤのチェーンの上部です。

使用する鍵は、付け替えなどをしていなければエンジンを掛ける鍵を使用します。

ヘルメットホルダーの使い方

鍵を挿して時計回りに回すと、少しだけバーが右にズレます。

 

ヘルメットのあご紐に付いている”輪っか”を、写真の様にバーに潜られます。

次に、鍵を開けた際に右側に飛び出した部分を、手で左側に押し戻します。

以上で完了になります。

これで鍵が無ければ、ヘルメットをバイクから切り離すことは出来なくなりました。

ヘルメットの盗難防止に活用を推奨

  • ヘルメットは盗まれる
  • 防犯効果・安心感が得られる

ヘルメットは盗まれる

「ヘルメットホルダー」が付いている理由で、特に重視するのはその使いやすさと防犯効果です。

これらを踏まえた具体的な経験を話す前に、ヘルメットホルダーの主な機能と目的に触れておきたいと思います。

ヘルメットホルダーの一番の役割は、『ルメットを安全に保管』することです。バイク乗りにとってヘルメットは命を守る非常に重要なアイテムです。

バイクで出掛けた際など、ヘルメットの盗難防止を考えるうえで、ヘルメットホルダーはバイク乗りにとって必需品と言えます。

私がヘルメットホルダーの重要性を知ったのは、ヘルメットを盗まれるという体験をしたからです。

新品のヘルメットをバイクのミラーにかけて一瞬目を離したら、すぐに盗まれていたのです。

防犯効果・安心感が得られる

この体験から、ヘルメットホルダーを使う重要性を知り、その防犯効果に特に興味を持つようになりました。

その後、バイクから離れる際には必ずヘルメットホルダーを使うようになってからは、盗難の心配から解放されました。

バイクにしっかりとヘルメットを固定でき、さらに鍵でロックすることも可能なので、安心感が全く違います。

この体験を通じて、ヘルメットホルダーの防犯効果は、単に物理的な固定だけでなく、所有者の精神的な安定ももたらしてくれることを実感しています。

そして、私はバイク乗りとして、安全と防犯対策を妥協することなく両立できるアイテムとして「ヘルメットホルダー」の使用を推奨しています。

まとめ:JAZZ50のヘルメットホルダーを有効活用する

内容のポイントをまとめます。

  • ヘルメットホルダーはヘルメットを安全に保管するために存在する
  • バイク乗りにとっては盗難防止のための必需品である
  • ヘルメットホルダー使用後は盗難の心配から解放される
  • ヘルメットをバイクに固定し、鍵でロック可能で安心感が増す
  • 物理的な固定だけでなく精神的な安定も提供する
  • 安全と防犯対策を両立できるアイテムとして推奨する
  • JAZZ50のヘルメットホルダーはリアタイヤのチェーン上部に位置する
  • ヘルメットのあご紐の輪っかをバーに潜らせて固定する
  • 鍵がなければヘルメットをバイクから切り離すことができない

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!