バイク用【スマホホルダー】カエディアのクイックホールドビートルを装着!

593view

2022.01.08

Kaedear(カエディア)【 クイックホールド ビートル 】

ヤマハの新型NMAX125に、バイク用のスマホホルダーを取付けました。

横浜にあるバイク用品メーカーである「Kaedear(カエディア)」の『クイックホールド ビートル』という商品になります。

価格も手頃で、Amazonで2,000円ほどでした。

中身をチェック

中身はこんな感じです。

  • アームサイズ:開閉縦横比率1:2、縦幅130mm〜175mm、横幅60mm〜90mm、厚さ1.5cm、ワイドアジャスター±5mm
  • 素材:アルミニウム合金(バーマウント) + ステンレス(アーム) + ポリカーボネート(本体) + ABS (本体)
  • 重量:300g(パッケージ含む)
  • セット内容:本体、アルミ製バーマウント(1.25インチ/32mm)、ミラーマウント(M10/厚7mm/22.0mm)、径変換アタッチメント(1/2インチ12.7mm、7/8インチ22.0mm、1インチ25.4mm)、2㎜ラバーテープ、取り付け工具(六角レンチ)、セーフティーバンド、製品説明書

商品の特徴

■ホールドタイプ

「クイックホールド&リリース」機構を採用し、スマホを置くだけで瞬時にホールドが可能です。

両脇のリリースハンドルを握るとリリースし、片手でスマートフォンの付外しが可能です。

良質なワンウェイ構造とステンレスアーム採用で優れた耐久性を実現。両側から握らない限り、開く事の無いアーム構造で安心して運転に集中できます。

サイドボタンのスマホや、iFaceの様な側面が湾曲したスマホケースにも対応。

深さがあるので分厚いスマホケースでもホールドができます。

■ワイドアジャスター

アームの横幅を調整することで、縦長のスマートフォンに対応が可能です。

最大で15mmの厚さまで対応できるので、これまで対応できなかった厚みがあるスマートフォンにも対応することができます。

■360度回転ボールマウント

アルミ製のボールマウントと、強化樹脂製のキャッチ、ナットは極限まで精度を高め、バイクや自転車の振動にもしっかりと姿勢を保つ安定感を実現。

自由自在に縦横、角度の調整が可能で、原付の様なハンドルバーが無いバイクでも、強化樹脂製ミラーマウントが付いているので、取り付けが可能です。

マウントステーに装着

キジマのハンドルマウントステーに、装着してみました。

装着は至って簡単で、特に迷うことはないですね。

接続部はこんな感じです。

キジマのハンドルマウントステーに付けると、ちょっと手前側に来過ぎて邪魔に感じるかもしれません。

作りはしっかりしていて、がっちりスマホをホールドしてくれそうです。

取付け場所だけ、また工夫してみたいと思います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る