【大型化】キジマの「ブレーキペダルカバー」でペダル操作が的確に

335view

2022.03.21

キジマ製「ブレーキペダルカバー」を装着

今回はキジマ(KIJIMA)のブレーキペダルカバーを購入しました。

これをHONDA・JAZZ50のブレーキペダルに装着したいと思います。

装着することにより、ブレーキペダルが大型化するため、ペダル操作が的確に行えるようになるとの事。

また、足を置く表面の黒い部分は滑り止め加工がされています。

アルミ製で色はメッキなので、JAZZ50には似合うと思います。

こちらがJAZZ50のブレーキペダル(ノーマル状態)です。

ここにキジマのブレーキペダルカバーを取り付けていきます。

取り付け方

取り付け方は至って簡単です。

まず、4カ所あるボルトを通す穴のうち、片側2カ所だけにボルトを締め付けます(軽く)。

次に、カバーをペダルの上に置き、黒い鉄板をペダルの下から2つのボルトに挟み込むようにします。

鉄板を挟み込んだら、残りの2つのボルトを軽く締めていきます。

固定位置を決めてから、六角レンチを使用して4カ所のボルトの本締めを行いましょう。

なお、六角レンチは商品に付属していないので、事前に用意しておきましょう。

完成

以上で完成です。

アメリカンな感じが増した気がします☆

JAZZ50は加工無しで、ポン付け出来ました。

その他、モンキーやカブ等、様々な車種に取り付け出来るようですが、中にはポン付け出来ない(加工が必要)車種もあるようなので、購入前にメーカーサイト等で確認しておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る