【スクリーン交換】新型NMAX125に純正のハイスクリーンを装着!

809view

2021.11.16

新型NMAXにハイスクリーンを装着

2021年にフルモデルチェンジされた、ヤマハNMAX125のスクリーンを純正の『ハイスクリーン』に交換してみました。

ちなみにヤマハ純正では、ノーマルスクリーン、ミドルスクリーン、ハイスクリーンの3タイプがあります。

その中で、ハイスクリーンは最も「大きく・広い」作りになっており、上半身への雨風のプロテクトだけではなく、手元(ナックル部)まで幅広くカバーしてくれます。

ハイスクリーンのみで手元までカバーしてくれるので、ナックルバイザーとの同時装着は不可となっています。

カラーは「クリア」のみ、品番は「Q5KYSK132R01」、定価は25,000円(税抜)と、かなりお高い価格設定になっています。

可能であれば、後付けするよりも「快適セレクション」で購入できると、かなりお得に付けることができます。

スクリーンの交換方法

それではスクリーンの交換方法を解説していきます。

交換はいたって簡単で、穴あけ加工などは一切ありません。

まずは、既存のノーマルスクリーンを外していきます。

プラスドライバーを使用して、赤丸印のネジを外します。

左右に2カ所ずつ、計4カ所のネジを外しましょう。

これでノーマルスクリーンが外せます。

次にハイスクリーンの装着をします。

同じ穴4カ所を使用して固定するのですが、ハイスクリーンのみ『六角ネジ』になっています。

『3㎜』の六角レンチを使用して固定しましょう。

(ちなみにミドルスクリーンはプラスドライバーでの固定になります)

取り付けてみた感想ですが、かなり大型のスクリーンで車体が大きくなったように感じられ、迫力満点の見た目になりました☆

ノーマルスクリーン(バイザー)と比べると『24㎝』も高くなります。

また、スクリーンの下部にはNMAXのロゴがワンポイントのアクセントになっていてGOODです。

このロゴが入っているのはハイスクリーンだけとなっています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る