NMAXに【ナックルガード】を装着!冬のバイクの必需品

679view

2021.12.25

中華製ナックルガード【汎用】

Amazonで安価なナックルガード(ナックルバイザーとも言う)を購入しました。

中華製の汎用品で、価格は2,000円ほどの商品です。

冬場にバイクを乗る際の「防風・防寒」対策には必需品ですね。

商品が届いて早速気になったのは商品の「箱」です、「SUNPIE]と書かれていますが、Amazonの商品ページにはSUNPIEなんて一言も書かれていませんでした…。

また、写っているバイクにはナックルガードは装着されておらず、一切写ってもいません(笑)

この辺は中華製ならでは、なのでしょうか。

中身はナックルガード左右と、ステー、ボルト類です。

取扱説明書は入っていませんが、感覚で取り付けできるレベルです。

NMAX125に装着

早速、ヤマハの新型NMAX125に装着してみました。

純正のナックルガードもあるのですが、デザインが主張し過ぎな感じがしたので。

この商品はシンプルなデザインが気に入りました。

シンプルな分、効果も下がるかもしれませんが、見た目は悪くないですよ。

ハイスクリーンは注意

新型NMAXで、純正の『ハイスクリーン』を装着している場合には注意が必要です。

ヤマハ純正のナックルガードもハイスクリーンとも同時装着は不可となっていますが、これもやはりハンドルを切ると干渉してしまいました。

走行中にここまでハンドルを切ることはそうないと思いますが、駐車の際の切り返しの時は注意ですね。

また、ハンドルロックをかける時も当たります。

なんとか当たらないようにギリギリの所まで取り付けを調整したのですが、無理でした。

ナックルガード、ハイスクリーン両方に傷が付くので、フェルト等を貼って対策した方が良さそうです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る