新型NMAX125に海外モデル155用の「パーツやアクセサリー」は装着できる?

758view

2021.11.23

155用のアクセサリーは125にも装着できる?

日本国内でも販売されている『マルチアクセサリーバー』NMAX155用を購入しました。

新型NMAX125にも装着”できれば”と思い、ダメもとで購入してみました。

と言うのも、この商品はタイトルには【NMAX125/155 2020~ マルチアクセサリーバー スマホ ナビ用】と、125も表記されているのですが、適合車種には【NMAX155 2020~ ※日本国内の2020年モデルには対応しません】と表記されています。

タイトルには125がありますが、適合車種に125がないという、おかしな現象が起きています。(恐らく売り手も分かっていないと思われる)

また、商品説明には【NMAX用のアクセサリーバーになります。 日本国内の2020年モデルには対応しません。 海外モデルの2020年モデルに対応いたします。】と書いてあります。

日本国内の2020年モデルというのは「旧型NMAX」のことで、海外の2020年モデルというのが「新型NMAX155」(国内未発売)のことです。

海外モデルの新型NMAX155に合えば、国内モデルの新型NMAX125にも合うんじゃね?と思って購入した次第であります。

実際に取り付けてみた

物が届いたので、早速取り付けてみました。

この商品はフロントカウル側に取り付けるタイプなので、まずはスクリーン(バイザー)を取り外します。

取り付け方はスクリーン上側を止めているボルト2カ所を使って、スクリーンとアクセサリーバーを共締めする形になります。(※なお取説は付属してません)

上の画像を見ると分かりますが、とりあえず仮合わせをしてみたところ、ボルト穴の位置が明らかに合っていないです…。(嫌な予感しかしない)

少々強引な感じではありますが、付くには付きました。

(写真ではスクリーンと共締めしていません)

155と125ではこの部分の幅が違うってことなのでしょうか?

もしくは海外(中華)製品のため作りがいい加減なだけか…。

横からのアングルです。

邪魔にならず、良い感じです。

運転席側からのアングルです。

アクセサリーバーはハンドル周りが主流になっていますが、こっちの方が綺麗に収まって個人的には良いなと思いました。

しかし、この商品は使用することはなく、このまま取り外してサヨナラになりました。

理由は、私の新型NMAX125は純正オプションのハイスクリーンに交換しているのですが、ハイスクリーンだとアクセサリーバーの両端金具部分が干渉してしまい取り付け不可と判断しました。

無理やり取り付けることは出来ますが、金具なので当たるとスクリーンが傷だらけになります。

恐らくノーマルスクリーンであれば問題ないと思います。(多分です)

以上。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る