【JAZZ50】のレギュレーターを6V用から12V用に交換する方法

369view

2022.02.12

ジャズ50のレギュレーターを交換

ここでは、HONDAの原付アメリカン「JAZZ50」のレギュレーターの交換方法を解説していきます。

JAZZを12V化するにあたって、ノーマルで付いている6Vのレギュレーターも12V用に交換する必要があります。

交換はいたって簡単なので、素人DIYでも全然交換可能なのでチャレンジしてみましょう☆

レギュレーターの場所

まず、JAZZのレギュレーターがある場所ですが、ハンドル(ガソリンタンク)の真下に付いています。

下から覗き込むように見ると確認できると思います。

取り外し方

レギュレーターの真下にナットがありますので、これを取り外しましょう。

これだけで固定されているので、レギュレーターは直ぐに外せます。

そして、前の写真に写っている白いカプラーを取り外せば、後は新しい12V用に付け替えるだけで作業完了になります。

6V用と12V用を比較

左側が今回用意した新しいレギュレーター12V用です。

そして右側の超絶汚い方が、元から付いていた6V用のレギュレーターになります。

以上、JAZZ50のレギュレーター交換方法でした。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る