【最高速度アップ!】JAZZのドライブスプロケット交換方法

697view

2022.03.09

ジャズのドライブスプロケットを交換

今回はHONDA・JAZZ50の『ドライブスプロケット』の交換方法を解説します。

スプロケットは消耗品なので、約1,000kmでの点検が推奨されています。

また、ドライブスプロケットのサイズを大きくすると『最高速度』を上げることが出来るため、カスタム目的で交換するのもありです。

ドライブスプロケット交換方法

それでは、JAZZのドライブスプロケットの交換を行っていきましょう。

まず、エンジンカバーの取り外しです。

赤丸で印を付けた4つのボルトを外すとカバーが外れます。

長年外していないと固着している可能性が高いので、ボルトを外してもカバーが外れない場合は、ハンマーを軽く叩いてみましょう。

次にリアタイヤ側にある、赤丸で印を付けた2つのナットを緩めます。

ある程度緩めればOKなので、取らなくても大丈夫です。

ハンマーか蹴りで、リアタイヤをフロント側に移動させましょう。

これでチェーンがたるむので、チェーンを取り外しましょう。

エンジンカバーの中にある、これがドライブスプロケットです。

赤丸で印を付けた2つのボルトを外しましょう。

次に、ペンチで挟んでいるこやつ(名称わからん)を外します。

これはペンチ使った方が取りやすいですよ。

スプロケット自体は引き抜くだけなので、手で外すことが出来ます。

元に戻す際に、先端の部分にはグリスを塗っておきましょう。

これで古いドライブスプロケットの取り外しが完了です。

新旧の比較です。

JAZZのノーマルは「14T」で、今回は1丁サイズアップして「15T」にしてみました。

左の方がサイズが大きいのがわかりますかね。

1サイズアップで最高速度が5kmアップした、なんて話も聞きます。

やり過ぎてもあれなんで、JAZZなら1サイズアップで十分ではないかと思います。

新しい15Tのドライブスプロケットを装着しました。

取り付け方は、外す手順と逆に行えばOKです。

綺麗で気持ちが良いですね、エンジンカバー付けたら見えませんけど。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る